だらけかあさんの記事を読んで、過去の出来事を思い出しました。

変な、おじいさんのことを。

 

ある日、僕は近所のスーパーに行きました。

車から降りて、スーパーの入口に歩き出しました。

 

スーパーから出てくるおじいさんと目が合いました。

知らないおじいさんです。

 

そのおじいさんは、目をガッと見開き、僕を見はじめました。

ものすごい眼力です!

 

そして、おじいさんは、パタッと足を止めました。

怖くて、僕も足を止めました。

 

次の瞬間、何を思ったのか、そのおじいさんは、両手を合わせ、

なぜか、僕を拝みだしました。

f:id:sakigakenews:20190707154627p:plain

こわっ!

 

↑↑↑このイラストみたいな、にこやかな感じじゃなくて、

ブルブル震えながら拝んでいるんですよ。

 

なんかブツブツ言ってるし。

「なんまいだぁ」だったかなぁ・・・。

 

僕は、鳥肌が立ちました。

意味がわからない。

 

おじいさんは、ずっと僕を拝んでいます。

ナンダ?ナンダ?

マジ、こえーよ(*_*;

 

僕は、おじいさんを避けるように、店内に入りました。

後ろを振り返ると、まだ拝んでいます。

 

気持ち悪い!

 

あれは、なんだったのでしょうか。

おじいさんには、何かが見えていたんでしょうね?

 

僕に悪い霊でも取り憑いていたのでしょうか?

新手の宗教?

頭のおかしい人?

嫌がらせ?

それとも、後光が差していた?

 

とにかく、気持ち悪かったです。

その後、特に何も変わった出来事はありませんでした。

 

きっと、おじいさんが、除霊してくれたから、何も無かったのでしょうか!?

んなわきゃないっ!

 

そのおじいさんとスーパーで出くわすこともありません。

ま、気にしなくてもいい、どうでもいい出来事なんですが。

 

それにしても、人から拝まれるというのは気持ち良くないものですね。

むやみに人を拝んではいけません!

スポンサーリンク
おすすめの記事