20年前、会社の上司(当時45歳)から、たびたびこんなことを言われました。

 

「老後のことを考えて、

 給料天引きで、毎月1万円ぐらいは、

 財形貯蓄をやっておいた方がいいよ」

 

当時の僕は、なんで今から老後のことなんて考えなくちゃいけないんだ、と思っていました。

だから、当然、貯蓄なんてしていませんでした。

当時の上司と同じぐらいの年齢になった今、僕は、その上司とまったく同じことを若手社員に言っています。

 しかし、その考えが、今朝少し変わりました。

 

若者諸君、財形貯蓄よりも、つみたてNISAだぁ!

そして、就職氷河期世代の我々もやろうぜ!

f:id:sakigakenews:20190625170633j:plain

スポンサーリンク

タバコをやめれば、2000万円が貯まるかもしれない。

 永江一石さんの記事を読んで、「財形貯蓄」よりも「つみたてNISA」の方が、少しリスクはあるけど、総合的に考えると、とてもお得かな、と。

結論として、僕は「つみたてNISA」をやることにしました。

前提として、永江さんは、典型的なタバコ否定論者です。

 

そんな永江さんの今回の記事を一言で説明するならば、

「タバコをやめれば、老後資金1000〜3000万円は貯められますよ」

ということ。

 

詳細は、永江一石さんのブログをお読みください。↓↓↓

 男が喫煙を
20歳から止める 3374万円 ww
30歳から止める 2009万円
40歳から止める 1121万円

 

試算だとはいえ、これはロスジェネ世代や就職氷河期世代と呼ばれる僕たちへの、かすかな希望の光ではないでしょうか。

タバコやめて浮いた金を毎月NISAへ投資すれば、40歳が70歳になる頃には、1121万円ですよ。

もしも、読者のあなたが30歳だったら、2000万円貯まりますよ。(かもしれない)

今からでも、けして、遅くはない。

私は、40代半ばなので、若干遅いですね。

でも、やらないより、やったほうが得。

だって、貯蓄と積み立てNISAを比較したら、明らかに積み立てNISAの方がお得ですから!

 

と、その前に、永江さん、すみません!

僕はタバコを吸っています。

で、タバコはやめません。

いつかやめるかもしれないけど、今はやめません。

タバコはやめないけど、積み立てNISAはやることにしました。

僕は、月に1万円ずつ、積み立てNISAに積み立てしていきます。

あとは、このブログの収益次第ですね。

ブログの収益を全て、積み立てNISAに回していこうかと思っています。

 

毎月1万円を「定期預金」にした場合と「積み立てNISA」にした場合で比べた20年後の評価額は?

タバコ吸ってても吸ってなくても、どっちでもいいですが、まずはイオン銀行の積み立てシミュレーションでカンタンに比較してみました。

 

銀行に貯金(定期預金)の場合、毎月1万円預金すれば、運用利回り0.4%だとして、20年間で250万円。

f:id:sakigakenews:20190625134940p:plain

つみたてNISAの場合、毎月1万円投資すれば、運用利回り3%だとして、20年間で約330万円。

f:id:sakigakenews:20190625134518p:plain

 

ということで、結果は、定期預金が250万円、つみたてNISAが330万円。

つみたてNISAの方が、20年間で80万円お得です。

ただし、投資なので、絶対はない。

元本割れしたら、損します。

僕は、積み立てNISAのリスクとリターンを考えた場合、リターンが高いと判断しました。

ま、これがもし破綻するなら、リーマンショック以上のショックは計り知れませんね。

 

 

スポンサーリンク

「老後資金、2000万円不足問題」で、年金デモなんかやってる場合じゃないです。

ホリエモンは言い過ぎだけど、あのツイートだけを切り取りするメディアもどうなの?って思うし、問題ツイート前後の文脈を読めば、ホリエモンの主張がよく分かります。

年収900万円以下の日本国民は、税金泥棒なんです。

だから、僕は、ホリエモンからしてみたら、税金泥棒です。

 「税金泥棒」という表現、言い方が炎上してるのであって、ホリエモンの主張の中身は極めて正しいです。

ここを間違えちゃいけません。

ま、ホリエモン当人は、炎上してウハウハでしょうけど。

炎上すればするほど、認知度が上がる。

つまり、アンチが増えれば増えるほど有名になる。

比例して、ホリエモン信者も増える。

結果、ホリエモンが儲かる。

結局のところ、SNSの炎上って犯罪でも犯していない限り、マーケティング的観点からすれば、非常に有効なんです。

炎上するような尖ったワードの中に根拠があれば、既存信者は更に納得し、新規信者は増えていく。

究極の無料広告は、炎上マーケティングでしょうね。

だから、ホリエモンはここぞとばかりに狙ってるのかなって思います。

みんなから批判を受けそうな、尖った炎上ワードを。

話がズレました。

年金デモとホリエモン炎上ツイートについては、一旦ストップします。

 

お金持ちは、一般のNISAでOK。貧乏人は、つみたてNISAにしよう。

 今朝、永江一石さんの記事を見るまで、僕は「つみたてNISA」について、詳しく理解していませんでした。

今回、色々ググってみて、これならやってみようと、決心しました。

まず1つ目の理解として、「つみたてNISA」は、2014年から始まった「一般のNISA」と、違います。

僕の見解を、ざっくり言います。

  • 毎月4万円以上の余裕資金がある高所得者層は、普通のNISA。
  • 5,000円〜1万円ぐらいしか余裕がない低所得者層は、積み立てNISA。

ワタクシですか?

はい、もちろん、後者です。

今のところは、1万円が限度ですねぇ。

2万円積み立てしたいところですけど、今は1万円かなぁ。 

「つみたてNISA」について、もっと知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。

 

この動画は、とても端的にまとめられていて、詳しかったです。

積み立てNISAの概要

  • 積み立て運用年数が20年
  • 積み立てNISAの年間投資限度額は40万円
  • 非課税であること
  • 積み立てNISAは長期保有資産に向いている
  • 引き出しはいつでもOK
  • 積み立てNISAとNISAを同時に保有することはできない

余談になりますが、説明系の動画って、マインドマップしながら説明すると、説明する側も説明しやすいし、視聴者側も理解しやすいと思いました。

 

どこの証券会社で積み立てNISAの口座を作るべきか? 

僕は、基本的にクレジットカード主義者ですので、クレジットカードで引き落としが可能な証券会社にしたいです。

Amazonゴールドカードをメインカードにしていますが、Amazon証券とかってないんですね・・・。

それは、しょうがない。

探したところ、楽天証券とマネックス証券の2社がクレジットカード払い可能でした。

僕は、楽天カードを保有しているので、楽天ポイントがつく楽天証券にしました。

ちなみに、ハピタスを経由して楽天証券に口座開設するのがオススメです。

f:id:sakigakenews:20190625163051p:plain

楽天カードを持っていない人は、楽天カードもハピタス経由で入会しましょう。

f:id:sakigakenews:20190625163312p:plain

これだけで、7300円分のハピタスポイントがGETできます。

ハピタスの無料登録はコチラから↓↓↓

 

ということで、僕は「つみたてNISA」を楽天証券で開設し、楽天カードで毎月1万円を自動引き落としで支払うことにしました。

楽天カードで1万円を支払うことによって、100円分の楽天ポイントをもらえます。

面倒くさがり屋なので、これが一番いい貯蓄方法かもしれません。

あとはしばらく、ほったらかしにしておきます。

感覚的には、投資というより、貯蓄という感じです。

 

まとめ

  1. ハピタス経由で年会費無料の楽天カードを作る。
  2. ハピタス経由で楽天証券に口座を開設する。
  3. 楽天証券で「つみたてNISA」の取引を開始する。
  4. 支払いは、もちろんポイントがつく楽天カードで。

ハピタスは本当にお得なので、何かを購入する際には、常にハピタスで検索することをオススメします。

結論!

年金不足で悩むなら、今からスグに対策すべし!

スポンサーリンク
おすすめの記事