僕が、若い頃好きだったもの、ハマっていたもの、それはブラックミュージックです。

ブラックミュージックのカテゴリーの中でも、1990年代中盤から始まったニュークラシックソウルというジャンルが一番好きです。

オルタナティブソウルとか、ネオソウルとも呼ばれていました。

今となっては、「ニュークラシックソウル」など語る人も皆無です。

その言葉自体、1995年〜2000年代初頭で消えてしまった感があります。

 

スポンサーリンク

時代を風靡したニュークラシックソウル

ニュークラシックソウルとは、ニューソウルとソウルミュージックの間の曲という意味です。

ソウルミュージックといえば、代表選手はマーヴィン・ゲイ、ダニー・ハザウェイ、スティービー・ワンダーなどなど。

ニューソウルといえば、有名なのがアイズレー・ブラザーズ。

甘くてせつないのがブラックミュージック全体の雰囲気ですが、ニュークラシックソウルは過去のソウルニュージックに対してのリスペクト感というか、オマージュ感が強い感じですね。

僕の勝手なイメージですが、90年代当時のR&B(アーランビー)はメロウでスイートでオシャレな感じ。

ニュークラシックソウルは泥臭くて軟弱さが無い、骨太な感じ。

 

R&Bは2種類の呼び方。「アーランビー」「リズムアンドブルース」

ちなみに、R&Bの呼び方は2種類あります。

新しい時代のR&Bを指す場合は、アーランビーと読みます。

古い時代のR&Bを指す場合は、リズムアンドブルースと読みます

ブラックミュージックですが、カテゴリーとしては、全然違います。

もっと勝手に語らせていただければ、アーランビーはナンパ感が強く、ニュークラシックソウルは硬派感が強い。

アーランビーももちろん好きですよ。

でも、やっぱりニュークラシックソウルの方が好きですね。

アーランビーとニュークラシックソウルは対立軸にあったと思います。

 

女子と聴くならアーランビー。一人で聴くならニュークラシックソウル。

女の子と一緒に聞くならアーランビー。

一人でジャックダニエルのロックを飲みながら、聴くならニュークラシックソウルです。

だから、男子向けの曲がニュークラシックソウルともいえるのかな。

女子でニュークラシックソウル好きな人はなかなかイカしてると思いますよ。

この辺の話、説明しだすと、キリがないので、僕が好きだったニュークラシックソウル10曲をパパっと紹介します。

 

ニュークラシックソウルBEST10

D'Angelo - Brown Sugar

 

 

Tony Toni Toné - Let's Get Down 

 

 

Musiq - Just Friends (Sunny)

 

 

スポンサーリンク

Maxwell - Sumthin' Sumthin'

 

 

Eric Benet - If You Want Me To Stay 

 

 

Speech - Like Marvin Gaye Said

 

 

Mary J. Blige - Everything

 

 

Erykah Badu - On & On

 

 

Macy Gray - Do Something

 

 

Meshell Ndegeocello - Soul Record

 

 

僕が一番好きなニュークラシックソウルシンガーは、ディアンジェロ。

いかがでしたでしょうか。

ニュークラシックソウルの男子代表はディアンジェロ、女子代表はエリカ・バドゥです。

ちなみに、ライブアルバムで一番好きなのは、ディアンジェロの「Live At The Jazz Cafe, London」です。

このアルバム聞きながら、何度一人でジャックダニエル

アマゾン・プライム会員なら、Amazonミュージックで無料でストリーミングが聴けますよ。

↓ ↓ ↓

f:id:sakigakenews:20190605111418p:plain

いい時代ですね。

あの頃、アルバム買うのに1枚2000円〜3000円しましたからね。

今僕は、Amazonゴールド会員なので4,320円で1年間ほぼなんでも聴ける。

ミシェル・ンデゲオチェロのライブアルバムもアマゾン・プライム会員なら無料で聴ける!

itunesなんかよりもAmazonってやっぱりいいですね! 

www.sakigakenews.com

 

スポンサーリンク
おすすめの記事