【魁太郎㊗卒業❗】この記事を最後にはてなブログを辞め新たなステージへ!はてな村の優良ブロガーBEST5、底辺クソブロガーBEST5発表❗

ブログ運営

僕は、本日まで135日間、はてなブログをやらせていただきました。

今回の記事を最後に、はてなブログを卒業させていただきます。

そして、新たなステージへ旅立ちます。

まずもって、魁太郎ファンの皆様、読者の皆様、僕みたいな「炎上系ブロガー」を応援してくださり、心からありがとうございました。

同じ時期にはてなブログを始めた同期ブロガーの皆さん、お互いに励まし合いながら、継続できたことに対して、心から感謝申し上げます。

総合的に判断した結果、このたび、私、魁太郎は、はてなブログを卒業し、WordPressに移行することにいたしました。

 

その理由は、はてなブログをBANさせようと必死になっている輩がいるということ。 そして、俺ははてなブロガーの意見を聞いたり、周りの目を気にして、記事を書きたくないからです。

 

間違ったことは間違っていると自由に書きたい!

それでついてくる人間だけでいい。

 

多くの皆様方に、はてな村で育ててもらった御恩は一生忘れません。

炎上系ブロガーとして、最後に、僅かながら、辛口批評で終わらせたいと思います。

スポンサーリンク

魁太郎が4ヶ月で感じた、はてなブログの良いところ、悪いところ。

  • 炎上系ブロガーには合わない。
  • 仲良く交流することがはてな村の基本姿勢である。
  • はてなブログは、Facebookの延長線上の小遣い稼ぎである。
  • はてなブックマークの新着エントリーはブログ開始から3ヶ月まで。
  • はてブ砲でGoogle砲やスマニュー砲を簡単に着弾しやすい。
  • 新着エントリーがなくなったら、はてなブログで続けるメリットは無し。
  • はてなブログ運営側の対応が基本的にクソ。日本人なのか?
  • 基本的に良いブロガーさんたちが、多い。
  • 底辺クソブロガーが、アカウトバン追放運動を推進している。
  • ブログ初心者は、一番最初にやるブログとしては、はてなブログが最適。
  • 互助会と騒ぐ、アンチブクマカーがたくさんいる。嫌なら見るな!
  • 一番素晴らしい機能は、ブロガーを誰でも呼び出せる「言及機能」である。
  • はてなブログは、半年で卒業するべきだ。それまでに回収出来れば良い。
  • 初動のPVの伸びは、他のブログに比べて、ナンバーワンだ。
  • はてなブログのSEO対策は10年前のシステムであるがゆえに、クソ。
  • WordPressの方が稼げる
  • WordPressをやっている方は、はてなブロガーなど相手にしていない
  • はてなブログは、ビジネス系のサービスに少しずつ移行していて終了する恐れがある。
  • はてなブロガーは群れることで安心している
  • 平和主義の人間が多く炎上を良しとしていない
  • 気を使って思うがまま記事を書けない

 

 最後にぶっちゃける!俺の本心からのはてな村の底辺クソブロガーBEST5

いわせていただこう。

 

俺はこいつらから逃げるわけではない。新たなステージで叩かせて頂く。

これは俺の本音であり、俺の本心である。

これをごまかさずに、なぁなぁにするつもりは一切ない。

今まで秘密にしていたが、俺は株式会社を持っている若手社長だ。年齢はまだ30代前半である。

 

人を見る目だけは持っているし、誰彼構わず喧嘩をふっかけているわけではない。

 

そんな俺が、全ての発言、ブログ記事、関わった上で、言いたいことを述べているだけだ。

 

こいつらには、関わらないほうがいい。

 

クソだから。

近寄るだけ、損をする。

俺は、これからもこいつらからは目を離さない。

徹底的に糾弾していく。

 

自由に発言できない、炎上を良しとしない奴らのご機嫌を取るのはゴメンだ。

 

ステージを変えて、本音で叩くのみだ

こいつらは、誰一人、マトモな議論が出来ない、底辺クソブロガーたちだ。

小心者のコイツラは、俺と正面切って議論ができない。

メンタルも弱ければ、ボキャブラリーもないんだろうな。

小心者にも程がある。

彼らのブログを見る限り、クソ記事しかないもんね。

はてな村の善良ブロガーたち、こんな人間だけにはマジでなるなよ。

初心者ブロガーさん、このバカたちには近づかないほうがいいぜ。

バカが伝染るからさ。

ガチで頭が悪い奴らだったな。

 

何度もいう。おれは新たなステージに行くだけ。

一連の事件は、お前たちの想像に任せておこう。

 

ただ、俺は心理学を使い、人を動かす力を持っている。聴衆はそれに踊らされていただけだ。

自由に発言できない、炎上を良しとしない奴らのご機嫌を取るのはゴメンだ。

 

圏 外 のムのム

のむは、ガチのバカだ。

どこをどう考えれば、あのような思考が生まれるのだろう?

まったくもって、意味がわからない。

勘違い甚だしい、真性のバカと言っても言い過ぎじゃない。

のむを応援しているバカどもも本当に頭、大丈夫か?

あいつ、漫画家の作品をパクってるんだぞ?

何度も言うけど、著作権法違反を平気で2年間やり続けているんだぞ。

のむを語りだしたら、キリがないね(^_^;)

こちらの記事をご覧くださいね。

 

 

第5位 コバヤシマサキ

コバさん、コバさんは最初優しかったんだけどね。

まあ、とまじぃ一派だから、しょうがないよね。

コバさんのツイートに度々リプ送っても無視。

コバさんに関しては、あまり、ネタが無い。

なんていうか、とまじぃの右腕だから嫌いっていう感じかな。

コバさんとの思い出・・・。

マジで、特に無い。

 

第4位 しいたけ

しいたけさんは、共産党員だったけ?

最初は、しいたけさんとも、仲良くやっていたような気がする。

いつの間にか、俺のツイッター通報及びはてなブログからの追放運動家になっっちまった。

共産党員だけあって、こういうことは得意なのかもな。

ちなみに、俺は、共産党は大嫌いだ。

共産党はバカだと思っている。

俺が好きなのは、今だったら山本太郎の「れいわ新選組」。

よく「れいわ新選組」と共産党は近いというバカがいるが、全然違う。

むしろ、「れいわ」は自民党に近いと俺は思っている。

まあ、政治の話は、また今度にしよう。

しいたけさんには、「れいわ新選組」を応援してほしかったな。

 

第3位 ゆきにー

ゆきにーは、最初、俺的には結構、好きだったよ。

でも、途中から、とまじぃに騙されたのだろう。

俺をツイッターから追い出すために、ツイッター追放運動の先導者となってしまった。

あれは、本当に残念だった。

いかしたあんちゃんだなって思っていたのが、正直なところ。

最初、尊敬していただけに、彼に裏切られたショックはデカイ。

最後は、「宮崎容疑者」扱いされてしまった。

これは、本当に辛かった。

スクショ、貼っておきます。

これって、名誉棄損にあたると思うよ。

f:id:sakigakenews:20190831112728p:plain

 

第2位 ごろ鯛

ごろさんは、そんなに嫌いじゃなかった。

とまじぃに寝返るまでは。

ごろさんは、いつのまにか、悪の組織の片棒を担ぐようになってしまっていた。

とまじぃと俺の橋渡し役がごろさんだった。

俺は、正直、失望した。

ごろさんにしか教えていない情報があったから。

それが、とまじぃ軍団に渡っていたというスパイからの情報を聞いて、ショックを受けた。

まあ、俺に人身把握術が足りなかったのかもしれない。

ごろさんとの思い出か?

この記事かな? 

 

第1位 とまじぃ

はてな村の悪の組織、親玉といったら、この爺さんをおいて、他にはいないだろう。

元々は、僕の師匠として、君臨していたが、僕の人気が彼の人気を超えてしまったために、僻み、ネチネチと嫌味、悪口を連発している最低ジジィだ。

はてな村のミスター老害である。

詳しくは、この記事を読んでほしい。

 

 

はてな村の優良ブロガーBEST5

第5位 isative

外資系メーカー営業マンの isative さん。

この人の記事の中では、WEB会社で働く兄にブログのカスタマイズをお願いしたが、断られた、という話が一番おもしろかった。

面白いと言うより、勉強になった。

初心者ブロガーさんは、一度読んでみるといい。

isativeさんは、一本スジが通っている人だ。

ブレない人とは、彼みたいな人のことを言うのだろう。

義理堅く、人情に熱い。

こういうタイプはまっすぐに生きていける。

どんな困難にもめげることがない人だ。

人生経験が豊富なんだと思う。

どの記事を読んでも、懐の深さを感じることができる。

友だちになっておいて、間違いのない人です。

 

第4位 みふけた

みふけたさん、俺と同じ秋田のブロガー。

みふけたさんには、お世話になった。

いつも、ブコメをもらった。

俺にとっては、兄貴的存在。

あ、、、、

なんていうか、アニキ。

いつも、励まされた。

いつか、リアルで会ってみたい。

みふけたさん、ありがとう。

 

第3位 アメリッシュ

アメリッシュさん、いつも、ブコメを絶対くれた人。

嬉しかった。

いつも、僕を励ましてくれた。

アメリッシュさん、色々と勉強になりました。

なんか、涙が出てきて、書けないわ。

ありがとう。

アメリッシュさんは、ディズニーの小説が面白くて。

もへじさんのシリーズが面白かったね。

あの映像って、本当は俺、作ってないんだ。

ごめんね。

 

第2位 ガンダムーン

ガンダムーン先輩には、色々教えてもらった。

はてな村のルールだったり、色々。

もへじさんの次に知ったのが、ガンダムーン先輩だったと思う。

ツイートでも俺を評価していてくれたり。

本当にありがたかった。

どうもありがとうございました。

 

第1位 へのへのもへじ

f:id:sakigakenews:20190831064745p:plain

へのへのもへじさんのことを語る前に、はてなブログを始める前のことを書いておく。

 

俺がこのブログを始めた経緯は、社会批判をしたかったからなんだ。

日々取り組む仕事、世間のニュース、それらに批判をしたかった。

ブログを始め前、ずっと社会批判をしている自分がいた。

経済ニュースや政治批判をして、気持ちよくなっている自分がいた。

さも、評論家気取りで、時事問題について、偉そうに語ることが、実に気持ち良い。

ブログを書く前は、日常の中で、僕は誰かに時事問題を偉そうに語っていた。

で、それが、結構ウケるものだから、これまた気分が良い。

 

「そのとおりですよ」

「頭いいですね!」

「思いつかないなあ、その解決策は」

 

そんなことを言われると、めちゃくちゃ気持ちが良い。

やっぱり、俺って頭いいんだなって思っちゃう。

なんか、それが、唯一の俺の趣味だったと思う。

他には、酒を飲むこと以外、特に趣味がない。

ただ、そういうのも、飽きてきた。

と、同時に、日常のマンネリ化にウンザリしていた。

家族がいて、仕事があり、特段不自由のない暮らし。

それでいいじゃないか。

不満があるわけじゃない。

でも、マンネリ感は否めない。

つまらない日々になっていった。

このままじゃダメだ。

何か新しいことをやらなきゃいけない。

何か新しいことをやらないと、僕は、沈んでいく。

どんどん気持ちが落ち込んでいく。

そんな危機感が生まれ始めた。

 

もう一度、ブログを書き始めてみようかな。

そんな思いになった。

ブログ自体は、10年以上前から、様々なブログポータルサイトを使って書いていた。

長続きするものは無かったが、転々とブログポータルサイトを渡り歩いていた。

書籍のレビュー特化ブログを作ったり、音楽系のブログを作ったり、スピリチュアル系のブログを作ったり、ネガティブな思いのときに書く暗いブログを作ったり。

振り返ってみると、いろんなブログを作っていたものだ。

ただし、長続きはしていない。

俺は元来、何か書きたい人間なんだと思う。

なんについても、一言、物申したい。

それが、俺だ。

だから、ネタは尽きることはない。

ネタは尽きることはないが、同ジャンルを書いていると、飽きる。

飽きるからやめる。

俺のブログ遍歴を振り返ると、ずっとそれだ。

今、はてなブログで書いているこのBLOGは雑記だ。

実は、雑記は書いたことがなかった。

昔作ったBLOGは、ある程度、ジャンルを決めて書いていた。

こんなにバラバラなジャンルの記事を書く超雑記スタイルは、このBLOGが初めてだ。

 

しかし、今回、このBLOGを始める当初は、雑記スタイルのつもりはなかった。

ジャンルとして「社会批判」を中心にしたかった。

で、社会批判をするために、毎日購読している秋田の新聞「秋田魁新報」から記事を抜き出し、それについて独自の見解を述べていく、そういうブログコンセプトだった。

だから、このブログタイトルは、「sakigake news」なんです。

魁太郎(さきがけ たろう)の、魁も「秋田魁新報」を由来としている。

この説明って、まだしてなかったっけ?

もしかしたら、してないのかもしれない。

たまに、アンチブクマカーから、「秋田魁新報」のサイトと間違わせるようなハンドルネームだ!と批判を受けることがある。

いやいや、誰がどう見ても、俺のブログを秋田魁新報の公式サイトって思わんでしょ!?(^_^;)

 

で、ブログコンセプトどおり、秋田魁新報から、記事を抜き出し、俺の独自見解、主義主張をする記事を作り始めた。

1記事を書いてみて、自分が思ったとおり、書き終えたあとは、妙に気持ちいい。

読み返してみると、「俺って良いこと言ってるなぁ」と自画自讃していた。

たぶんブログを書く人って、みんな、そうなんじゃないかな?

絶対にナルシストが多いと思う。

なぜなら、僕は生粋のナルシストだから。

ブログを書いてる人って、ほとんどの人が自己陶酔しているはずだ。

少なくとも、僕は自己陶酔している。

書き手として書いて、読み手として自分のブログを読む。

なんかね、気持ち良いんですよ。

まあ、それはいいとして。

新聞記事から、自分が物申したい記事を抜き出し、論じる。

この繰り返しは、すぐに飽きてしまった。(^_^;)

どうやら、飽き性の僕には、無理のようだ。

新聞の記事について、どんなものでも、意見はある。

意見はあるけど、ブログに書くほどではない、というのが多い。

だから、新聞の記事からの抜粋で独自見解を述べるスタイルは、早々に辛くなってきていた。

 

しかし、記事を書き始めて、数日後、コメント欄に長めの感想を書いてくれる人が現れた。

その人は、へのへのもへじさん。

以下は、もへじさんが最近書いたブログ論の記事。

もへじさんのブログ論は、そのとおりだと思う。

毎日更新しなきゃいけないってのは、おかしい、と僕は思うから。

ブログ更新が大変なら、やめればいい。

毎日更新の呪縛は、変な宗教みたいなものだと思う。

書きたきゃ書けばいいし、書きたくなけりゃ書かなければ良い。

だって、ブログ運営しているのは、紛れもない本人だから。

運営方針なんてものは、他人に決められるものではない。

運営者自身が決めればいいのだ。

他人の意見は参考にして、自分が良いと思ったところだけ、採用すればいいじゃないか。

だから、もへじさんのブログ論には大いに賛同できる。

 

もへじさんから、読者初のコメントをいただいた記事はコチラ。 

初対面のもへじさん、いきなりの長文、ガチコメントでした。

僕は、とても嬉しかったです。

なにしろ、初コメントですからね。

僕のブログ、ちゃんと読んでくれたんだって。

もへじさん、ありがとう。

もへじさんが最初にコメントをくれたから、僕は「はてなブログ」を続けることができました。

あの一番最初にもへじさんからのコメントがなかったら、炎上系ブロガー・魁太郎はありえません。

本当に心から感謝いたします。

ありがとうございました。 

 

俺が、135日で稼いだ収益は、126,659円。

f:id:sakigakenews:20190831061243p:plain

 

スポンサーリンク

ほとんどの「はてなブロガー」は文章が下手すぎる。

全体的に、はてなブロガーの皆さんの文章は、イマイチです。

ぶっちゃけ、論理的思考能力が、かなり低いです。

それは、どこから来るのか?

一番は、読書量です。

ロクに読書をしてこなかった人間の書く文章は読めたものではありません。

文章とは、読み手に書き手側の意図が正しく伝わらないとダメなんです。

はてなブロガーさんたちの記事は、基本的にイマイチです。

皆さん、もっと読書をしましょう。

特に、若い人たちは、徹底的に読書をしてください。

そして、何よりも論理的思考能力を身につけてください。

僕は、受験カリスマで有名な論理エンジンの出口汪先生から直接、論理的思考能力を教えてもらいました。

その時から、飛躍的に、素晴らしい文章、読みやすい文章を書くことができるようになりました。

その出口汪先生が、最近、オンラインサロンを始めました。

このオンラインサロンは1ヶ月たったの3000円で講義を受講することが出来ます。

当時、50万円を支払った僕からすると、「やめてくれ!」っていう価格です。

コスパが良いのは、間違いありません。

申し訳ないけど、ハッキリ言って、はてなブロガーのほぼ全員が受講したほうがいいです。

アフィリンクは貼りません。

気になる方は、こちらから、どうぞ。

 

 

魁太郎ブログ記事PV数ランキングBEST10

第10位

 

第9位

 

第8位

 

第7位

 

第6位 

 

第5位 

 

第4位 

 

第3位

 

第2位

 

第1位

 

 

最後は、魁太郎のエンディングテーマ曲で締めましょう♫

なんどもいうが、俺は新たなステージに行く。

 

それは、はてなブログをBANさせようと必死になっている輩がいるということ。 そして、俺ははてなブロガーの意見を聞いたり、周りの目を気にして、記事を書きたくないからです。

 

間違ったことは間違っていると自由に書きたい!

それでついてくる人間だけでいい。

 

もちろん、ウルフルズの「笑えれば」で🎤

それじゃ、また、この俺についてきたいと思った人のみ、お会いしましょう😄

現実で、媚を売り続け、ネットでも媚を売り続け、それで皆満足なのかい?

 

これを機会に、本音で生きる生き方を考えないかい?

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

Special Thanks

(id:tomag)

(id:yuki_2021)

(id:glglsti2019)

(id:watto)

(id:gaou2)

(id:tukkoman)

(id:i-shizukichi)

(id:gundamoon)

(id:funyada)

(id:mifuketa)

(id:isative)

 

 

「あなたに最高のエンターテイメントを」

        by 魁太郎

 

 


英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー 12のアーキタイプを知り、人生と世界を変える

 

 

あとがき

f:id:sakigakenews:20190831110431p:plain

なぜ、最後の記事で、キャラアイコンを変えたのか?

不思議ですよね?

 

それは、本当の僕の正体を伝えようと思ったからです。

実在の僕は、アイコンどおり、こんな感じの赤髪の青年です。

もう最後なので、僕の本当の正体を明かします。

 

年齢は、現在31歳です。

秋田県に住んでいることは事実です。

正直に話しますと、記事は実話ではなく、フィクションが5割ぐらいあります。

 

僕の職業は、WEBマーケティング系の若手起業家です。

社員は、全国(東京、仙台、沖縄)に3名在籍しています。

みんな、自宅でリモートワークで業務をこなしています。

沖縄の社員は、海辺でよく仕事しているみたいです。

羨ましいですね。

 

僕が、パソコンが得意なことは皆様、お気づきでしょうが、なるべくド田舎の秋田の中年(就職氷河期世代・45歳前後)をイメージしながら、書かせていました。

 

実は、毎回、持ち回りで、3人の社員に記事を書かせていました。

なので、記事がバラバラだったんです。

文体も結構バラバラだったんですが、お気づきになられましたでしょうか?

 

最終的には、社長の僕が、確認してから、投稿するようにしていました。

リライトはしたり、しなかったりですけど。

僕としては、今回のブログは、社員教育の一貫でした。

 

いかに、秋田県に住む、就職氷河期世代、中間管理職をペルソナ設定して、書くことができるのか?

WEBマーケティングにおいて、ペルソナ設定は最重要課題であります。

とても良い社員教育の一貫となりました。

なので、たびたび話題になる、雑記すぎる謎は、こういう理由です。

 

今まで、騙していて本当にごめんなさい。

やけに煽るキャラがあったり、やけに感動的なキャラになっていたり・・・。

煽り系のときは、全て社長の僕が書いていました(^_^;)

もちろん、本音ですけどね。

 

やがて、魁太郎は、炎上キャラへ成長し、今に至ります。

今後、「魁太郎」という架空の存在は、WordPressへと旅立ちます。

炎上キャラを確立いたしましたので、これからもガンガン炎上させていきます。

この4ヶ月間、皆さんには、大変お世話になり、本当にありがとうございました。

 

WordPressでの再開は、いつになるのか、未定です。

本業の方が忙しくなってきましたので。

それでは、また会う日まで。

 

魁太郎という名のチーム・代表者より

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 旅立ちに向けて
    う~ん、魁太朗さんがはてなブログでなにを実験していたのか、何に戦っていたのかはっきり言ってぼくには何も分からない。
    最初のころは秋田県に特化していたみたいで、秋田美人大好きもへじとしては秋田に繋がりが出来たようでうれしかったんだけど、ブログが自分の思うような記事からどんどん離れて行き、それにつれて訪問回数も減っていたので誰と戦っていたのかも実はよく分からない。
    確かに、本人意識してなくても糞根性の悪いのはネットにはいる。
    って、事はこの糞根性が悪く思える相手って、相手から見れば同じく相手が糞根性悪いやつって思っているに等しいと思うのだ。だからネットではお互いに永久に近いほど話は通じない。会って話せば、ああこういう人だったんだなあって思う人もいるかもしれないけど、それでもお互いそう思う相手ってお互いにその根性は一生変らない。
    私はスナックへよく行く。年代的に爺がほとんどのスナックで炭酸を飲みながらカラオケを唄って1-2時間を遊んでくる。酒も飲まないのだからスナックでは色々な客が観察できる。人の話を受け入れられない頭の固いのもいるし、なんでも受け入れる柔らかいのもいろいろいる。が、どっちも自分なりに何一つ相手に譲るってことはしない。それほど人間って個が強い。
    だから本気で話さなきゃなにも通じない。でも、スナックの客相手に本気で話す必要はないし、そんな青臭いことは今更もうできやしない。
    魁さんが交流を求めて動き回った結果が今回の結果だと私は思う。
    ネットで見ず知らずの男はお互いに遠慮がないので癖が強いです。ネットはその癖の悪さの写し鏡にもなるところです。出合い系サイトの女も男も同じく癖が強いです(自分はやってませんよ爺だから)。ああ、やっぱりなってぐらい癖が強いです。もちろん右の話を聞いて左の話も聞いて、なるべく自分の正義を貫こうって方も多いけど、その貫く姿勢がお互い強ければそれも反目になります。
    なので魁さん少し焦り過ぎて Hatena Blog みたいな雑記が多いブログの世界に入って、横繋がりで手っ取り早く収益も上げようと二足の草鞋を履いて転んだのは魁さんに見えます。
    ブログをProとして営業目的でやるなら、個の感情は極力不要です。
    検索してもらえるし見て貰える情報に特化すべきだったと思います。
    ノウハウ系でしたか、その内容に特化した記事に専念すればよかったのです。Hatena Blog ならアクセスはどうすれば上がるとか、アファリはこうやるとか、アドセンスはこうやって申し込もうとか、お得なカードはこれこれでこうやるとかのProにしたらこうだのああだのの記事をもっとスマートに分かりやすくま纏めるべきだったと思います。自分はで興味がないので見ませんけど、ちらっと見ても雑然とした内容のように感じこれじゃ読む方が大変だなって思いました。情報量が多すぎた面もあると思います。その場合は記事を分けるべきだったでしょう。
    利益を上げつつ自分も楽しみながらのSNS的ブログで交友を広げて炎上系 Blogger みたいなことになってしまっているみたいなのはなんとなく思っていましたけど、ここまで行っているとは全く思っていませんでした。商売でやるのに客と戦っていては営業は成り立たなくなります。戦いたい客もブログを見てくれる訪問者って思ってあしらえばよいのです。
    WordPressでやってもこの貴重な経験を生かさないとて Hatena Blog と同じでグダグダになります。
    それともはてなブログでも幾つもブログは作れるので、sakigake news は、お遊び用のサブブログであったならばそれはそれで構いません。そうでなくて事業としてやるつもりであれば炎上でアクセス狙いなんてのは下の下です。
    ぼくの初[コメント]がうれしかったと言ってもらえたのですが、思えばぼくのコメントそのものが記事とも関係ない秋田美人の話の雑記もいいところの雑記[コメント]だったのですが、その雑記[コメント]が、ひょっとしたら雑文系ブログへと方向変換させたような気もして今は少し反省しています。
    思いつくままに書いてしまいましたが、そんな風に思っていた私も魁さんと同時期に Hatena Blog にい(まだいるけどw)たということです。
    男が決心したのですから、この経験を生かしたブログでのネットビジネスを構築してください。ビジネスと遊びの両立はできたらいいですけど、それは両立で来た時に表に出すとよりビジネスが大きくなります。大きくなるまではビジネスブログとは切り離し、自分の遊びは別のブログで別人のごとくに大いにやって下さい。
    それでは魁太朗の Hatena Blog からの旅立ちを惜しむとともに、広いネットの世界で先駆けられることを願っています。
    署名:へのへのもへじ
    #少し興奮気味に書いたので、いや興奮気味に書かなくても誤字脱字多いと思いますがご容赦を…

  • 久しぶりに、コメントさせて頂きます。
    ここのところ記事を拝見していても、見ていて気持ちの良いものではなかったので読者登録も外させてもらっていました。
    でも今日、もへじさんのところに貼られていたリンクの記事を拝見して、思ったことがあったのでコメントを入れさせて頂きました。
    私は誰の味方でもないですが。
    不毛な闘いされた結果こうなりましたか…。相手を挑発して怒らせては攻撃を受けて、そして反撃しての繰返しじゃ発展はないですよね。
    自身の不備をはぐらかすように、問題の論点を摩り替えて、他者を巻き込み論破しようとしていた様子も、第三者から見ると逆に魁さんの方が、どんどん見苦しい発言をされているようにも思えました。
    冷静な判断が出来ていなかったのでは?
    そして、もへじさんの仰るように「商売でやるのに客と戦っていては営業は成り立たなくなります」っと私も思います。
    たとえネットという世界でも、多くの収益を上げたいと考えているならば信用を得ることも大事かと。
    なのに嘘だらけでは信用も失います。
    ネットビジネス成功者たちは、ちゃんと顔出しして自分の存在を明らかにして、その上で持論も語っています。
    それに…闘う土俵が違うと思います。
    そもそも魁さんはブログ開設当初、仲間や反応が欲しくて「はてなブログ」を選ばれたのですよね?
    今まで、色んなブロガーさん達に、ご機嫌取りをされてきて、多くの仲間も得られてきたのだと思います。
    なのに今更、それを否定するのも矛盾しているようにも思われます。
    ならば、最初からWordPressでチャレンジされて、そこで本当の力を実験された方が良かったのでは?
    WordPressは、本当に自分の考え方に賛同してくれる人達しか興味を示してはくれません。
    そこには忖度なんてない厳しい世界だと思います。
    その分、真のファンは生まれるでしょう。
    WordPressは、最初は孤独な闘いだと思います。
    でも、孤独な闘いに負けてしまうようでは、何をやっても続かないと思います。
    アドセンス審査が無料版で不合格が続いた時、WordPressでやるか迷っていた時期もありましたよね?
    本来なら、あの時点でWordPressに移行するべきだったと思いますけれど…。
    やっと、今、見極める時期が来たという感じですね。
    答えが出せたのであれば、あとは新天地で力を試すのみだと思います。
    今後、WordPressの方で、4人で頑張って下さいね。
    ご健闘をお祈りしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です