sakigake news

69年後に消滅するであろう、秋田県の中の人が書くブログです。

80記事を7カテゴリーに分類してみました。

写真は、仕事の帰り道に生えていた道端の草です。

なんとなくミントの葉に似てるので食べられるのでしょうか?

雑草食べて、雑草に特化して、雑草ブロガーになろうかなぁ。。。

f:id:sakigakenews:20190604171603j:image

今日は、仕事でいろいろあって疲れました。

そのせいか、ブログを書く気力がありません。

 

それでも、SEO的には何か一歩進めたい。

ということで、記事のカテゴリー分けをやってみました。

カテゴリー分けすると、ユーザビリティが向上するので、Googleの評価が少し上がるようです。

ブログの80記事を7カテゴリーに分けました。 

 

僕のブログのカテゴリー

  • ほぼ日記
  • トレンド記事
  • ブログ運営
  • ライフハック
  • 勝手論
  • 合理主義者の手抜きレシピ
  • 秋田ネタ

 

カテゴリー分けして気づいたこと

  • ブログ運営関連の記事が多い
  • 1記事の内容が1テーマにまとまっていない

 

アウトプットする気力がないので、インプットすることにします。

今日のインプットは、電通デジタルが解説している「Google品質評価ガイドライン」です。

Google の評価基準(出典:電通デジタル)

ページの目的

ページには「情報の共有」「意見の発表」「商品・サービスの販売」など、なんらかの目的が存在します。Googleはこの「ページの目的(Purpose of the page)」を起点としてNeeds Met / Page Qualityの評価を行うため、非常に重要な概念です。以下の要件の内、一つでも満たしていないページは評価に値しません。

①目的が「ユーザーの役に立つ」ことである

……金儲けだけが目的でユーザーに対して価値を提供しないページや、ユーザーの役に立つコンテンツが皆無のページは、評価に値しません(セクション7.1、7.2、7.4等)。

②目的が「公益・良識に沿った」ものである

……フェイクニュースヘイトスピーチなどの悪意の情報や、疑似科学陰謀論などの一般常識に反するコンテンツは、それらを信奉する人たちにとっては役立ちますが、そうでない一般大衆には役立たず、有害であることもあります。これらに該当するページも、低品質と評価します(セクション7.3、7.5等)。

③目的を「達成」できている

「商品販売ページなのに、商品の詳細情報が不明」「Q&Aフォーラムの真面目な質問投稿だが、現時点では明確な回答がない」などのページが該当します。それぞれ「商品を売る」「悩みを解決する」という目的は有益ですが、それを達成できていません。これらのページも低く評価されます(セクション6.0等)。

こんな感じです。

良かったら、読んでみてください。↓

www.dentsudigital.co.jp

 

注目記事