sakigake news

69年後に消滅するであろう、秋田県の中の人が書くブログです。

【Amazonプライム年会費】4,900円→4,320円に安くする方法とは?Amazonゴールドカードに秘密あり😄

f:id:sakigakenews:20190523162510p:plain

 筆者のクレジットカード事情

楽天プレミアムカードを解約したい。

現在、筆者が所有しているクレジットカードのメインカードは、楽天プレミアムカードです。

以前は、楽天トラベルを始め、楽天広場での買い物が多かったので、大幅にポイント還元の恩恵を受けていました。

ちなみに、無料の楽天カードを使い倒した結果、楽天ブラックカードのオファーをもらったことがあります。

ブラックカードは、1年間会費無料だったので、1年だけ使わせてもらいました。

2年目以降は年会費が32,400円かかりますので、もちろん解約しました。

その後、楽天プレミアムカードを契約し、以降メインカードとして使ってきました。

しかし、最近は出張も少なくなり、楽天で買い物もしていないことに気づきました。

よって、楽天ポイントの恩恵はほぼ皆無です。

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円なんですが、現在の筆者は、この金額に見合うほど楽天系列を利用していません。

更新が7月なので、そろそろ解約して無料の楽天カードに戻そうとしていました。

さて、これからのメインカードを何にすべきか、検討していました。

 

アマゾン・プライム会員が値上がりした。

その矢先、先般のアマゾンプライム会員の値上げのニュースが飛び込んできました。

AmazonPrimeの年会費が3,900円から1,000円値上げし、5月から4,900円になりました。

1000円の値上げは、なかなか大幅な値上げです。

正直、Amazonプライム会員を解約しようか、迷いました。

しかし、筆者はAmazonからの買い物は定期的にしているし、アマゾンプライムビデオもよく見ています。

今回の値上げを踏まえてみても、他社の動画視聴サービスに比べてアマゾンプライムビデオはダントツに安いです。

月額にすれば400円ちょっとで様々な映画やバラエティ番組を見ることができますから。

そう考えると、解約する必要性は、まったくありません。

 

Amazonゴールドカードが最も賢い選択である

調べていくうちに、最終的にはAmazonゴールドカードにすることが、最も賢い選択だということに結論づきました。

なぜかと言えば、値上げされたAmazonPrimeの年会費は4,900円に対し、Amazonゴールドカードは最終的に初年度会費が5,400円になり、次年度以降は4,320円になります。

この中にAmazonPrimeのサービスが含まれています。

つまり、2年で通常のアマゾンプライム年会費を下回る計算になります。

アマゾンプライム年会費 4900円☓2年=9,800円

Amazonゴールドカード年会費 初年度5,400円+二年目4,320円=9,720円

ゴールドカードにはAmazonPrimeのほかにも様々な特典があります。

  • Amazonプライム特典が使い放題
  • Amazonのショッピングで、2.5%還元。Amazon以外のご利用も1%還元。
  • 全国主要空港ラウンジサービス

 

Amazonプライム年会費を最安にする手順! 

以下の手順で、申し込めばAmazonポイント5,000円分をもらうことができます。

最終的には、Amazonゴールドカードを年会費4,320円で持つことができます。

Amazonゴールドカード保有者は、アマゾン・プライムの年会費は無料です。

 

1.まずはAmazon MasterCard クラシックを選択し、申し込むこと。↓↓↓

 AmazonMasterCardクラシック入会でAmazonポイント5000円分がもらえます。

この文言がなければ、最初からゴールドカードを申し込んでください。

5月13日の段階では、5000円分がもらえる表記があります。

f:id:sakigakenews:20190523164055p:plain

 

2.5000ポイント獲得の文言を確認の上、申し込み画面でMyペイすリボを申し込むこと。

これで、以後に保有するAmazonゴールドカードの年会費が10,800円から半額の5,400円になります。

 

3.AmazonMasterCardクラシックカードが届いたら、vPASSを登録する。

AmazonMasterCardクラシックをvPASSに登録してください。

www.smbc-card.com

 

4.そのまま、Web明細を申し込む

これで、Amazonゴールドカードの年会費が次年度から1,080円が値引きされて、4,320円になる。

 (今年のAmazonゴールドカード年会費は5,400円です。)

 

5.Myペイすリボの月の支払額をカードの限度額に設定する。

リボの支払額を限度額にすることにより、通常の実質一括払いと同じ扱いになります。

つまり、まったく利息を支払わないで済むということ。

筆者は、リボ払いは絶対に使わない主義だったが、これなら問題ありません。

「マイ・ペイすリボ」を選択します。

f:id:sakigakenews:20190514162641p:plain

 

「マイ・ペイすリボのお申込み」をクリックする。

f:id:sakigakenews:20190514162656p:plain

 

もちろん、「増額を申し込む」をクリックします。

減額を申し込んでしまったら、利息が増えるので注意!

f:id:sakigakenews:20190514162707p:plain

 

「下記お支払い日以降、毎月の最低お支払い金額を変更(増額)する」にチェックして、「次へ進む」をクリックする。

f:id:sakigakenews:20190514162716p:plain

 

お支払コースのご変更で、元金定額コースの箇所にAmazonマスタークラシックカードのカード利用枠の限度額を入力します。

(筆者の場合は、カード利用枠の限度額が80万円だったので、80と入力している。)

f:id:sakigakenews:20190514162726p:plain

 

最終確認画面で、お支払コースの元金定額コースが自分のカード利用枠の限度額になっていることを確認して、「申し込む」をクリックします。

f:id:sakigakenews:20190514162738p:plain

 

これで、完了です。

f:id:sakigakenews:20190514162801p:plain 

6.Amazonゴールドカードへ切り替えの申込みをする

そのままVpassページ内の左側にあるメニューバー「カードの種類を切替える」をクリックします。

f:id:sakigakenews:20190514162812p:plain

 

Amazon MasterCard ゴールド、「今すぐ申し込む」をクリックします。

その後のページでは、必要事項を記載し、申請をします。

f:id:sakigakenews:20190514162821p:plain 

 

7.審査に合格し、手元にAmazon MasterCard ゴールドが届いたら、カードをvPASSに追加する。

※Amazonゴールドカードは自動的にvPASSに登録されていました!(登録作業なし)

メインカードの選択をAmazonゴールドにして「決定する」をクリックします。

f:id:sakigakenews:20190523151934p:plain


 

8.Myペイすリボの月の支払額をAmazon MasterCard ゴールドの限度額に設定する。

Myペイすリボをクリックします。

f:id:sakigakenews:20190523152611p:plain

 

「マイ・ペイすリボ」のお支払い金額変更をクリックする。

f:id:sakigakenews:20190523152723p:plain

 

増額を申し込むをクリックします。

f:id:sakigakenews:20190523152846p:plain

 

「下記お支払い日以降、毎月の最低お支払い金額を変更(増額)する。」を選択し、「次へ進む」をクリックします。

f:id:sakigakenews:20190523153019p:plain

 

カード利用枠の限度額を打ち込み、「確認する」をクリックします。

※筆者の場合は、カード利用枠の限度額が150万円だったので150万円にしています。

f:id:sakigakenews:20190523153310p:plain

 

間違いなければ、「申し込む」をクリックします。

f:id:sakigakenews:20190523153600p:plain

 

9.Amazonアカウントの支払い用クレジットカードにゴールドカードを登録する。

※自動的に登録されていました!(作業無し)

 

10.Amazonの支払い用カードからテンポラリーカードとクラシックカードを削除する。

f:id:sakigakenews:20190523154352p:plain

 

11.WEB明細割引の1,080円は、前年度の請求が6回以上必要です。

毎月請求される電気料金や携帯料金をAmazonゴールドカードでの引き落としにしておけば、WEB明細割引の条件をクリアできます。

もしくは、毎月なにかしかの商品やサービスをAmazonで買い物できていれば、クリアできます。

(※筆者の場合は、毎月の電気料金の支払いをAmazonゴールドカードに設定しました)

 

以上が、AmazonPrimeの現会員は当然、これからアマゾン・プライムを利用したい人が最も得する手順になります。

なお、アマゾンプライム会員にすでに入会している人でも、自動的に日割りでAmazonプライムの年会費が返却されるので二重課金になりません。

ただし、上記の手順を間違えると、確実に損しますので要注意です。

特にリボ払いの部分、間違えると、毎月のAmazonでの買い物で知らず知らずに利息分を多く支払うことになります。

Amazonゴールドカードの申込みは20歳以上です。

審査の時点で落ちる可能性も十分にあります。

クラシックカードは合格しても、ゴールドカードの審査は不合格という場合もあります。

(筆者は、クラシックカードは申込み後1週間で到着。ゴールドカードは6日後に到着しました。)

 

最後に、考えられるリスクとしては・・・

  • Amazonクラシックカード入会特典であるAmazonポイント5000円分のキャンペーンがいつ終わるかわかりません。
  • ゴールドカードの年会費がそのうち値上げされるかもしれません。その場合は、アマゾン・プライム年会費4,900円の方が最安であることも考えら得ます。

 

 面倒だけど、やってみる価値あり!

一般的に面倒といえば、実に面倒です。

筆者は、楽天プレミアムカードをやめようと思っていたことと、AmazonPrimeの様々サービス(特にアマゾンプライムビデオ)を頻繁に活用している経緯があり、上記の手順どおりAmazonゴールドカードを申込みました。

クレジットカードのサービスは個々人の環境により、お得なカードが変わってきますので、他のカードも検討してみることが重要です。

筆者のオススメは、Amazonゴールドカード一択です。

皆さんのご参考になれば、幸いです。

 

年会費1万円の楽天プレミアムカードはやめて、年会費永年無料の楽天カードに切り替えました。

今なら、5000円分のポイントがついてきますので、まだ加入されていない人はぜひこの機会に加入してみてはいかがでしょうか。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓