【賛成?反対?】不登校YouTuberゆたぼんってアリ!?

トレンド時事

世間を賑わしている小学生のYouTuber、ゆたぽんについて。

なんで、こんなにも話題になっているのでしょうか?

世間では、批判的な意見が多いようです。

こういうときこそ、自分の頭でしっかりと考えてみることが大切です。

早速、話題の小学生の動画を見ました。 

うーん、なんかムカツクなぁっていうのが第一印象です。

なんでもそうですが、第一印象ってめちゃくちゃ大事なんですよ。

中身が正論でも第一印象が良くなければ、相手は納得しませんから。

そんな僕は、彼の第一印象は、なんかムカつくなって感じました。

 

 

個人的には、ゆたぽんが動画で主張している中身は、理解できますし、アリだと思います。

ただ、なんだろうなぁ。

小学生らしくない、という違和感です。

 

世間の人が一番食いついているのは「ロボットになるな!」という部分。

「お前はオヤジのロボットやろ!」という世間から非難轟々ですね。

お父さんは、元暴走族上がりの心理カウンセラー。

そのお父さんが台本を書いていて、小学生のゆたぽんが言わされている、という世間の見解です。

親は自分のコピーを作ろうとするな!という意見もありますね。

子供の個性を尊重しろ!みたいな。

 

色々意見があるとは思うんですけど、これだけの注目度を集めたということは、みんな何か心にひっかかるところがあるからですよね?

 

僕は彼の言っていること、中身は支持します。

学校には行きたい人が行けばいい。

行くな!じゃなくて、本人の意思で行きたいなら行く、行きたくないなら行かない。

 

ちなみに彼は、不登校じゃなくて、自由登校のようですね。

行きたい時に行く、というスタイル。

それで、いいんじゃないかな。

 

幸福の科学を脱退した大川隆法の息子の意見も納得できます。 

大川隆法の息子が言うとおり、ゆたぽんは父親から洗脳されているかもしれない。

いや、洗脳されているだろう。

ただね、それって仕方ないと思うのよ。

極論言うと、子どもは親を選べないから。

 

人間だれしも生まれた瞬間から、教育されていく。

教育とは言い換えると洗脳と同義語だと僕は思っている。

誰から洗脳されるのか?

生まれた瞬間は両親だろう。

そのあと、学校に通って、教師から教育を受ける。

やがて、社会人となり会社から洗脳を受ける。

洗脳という言い方が適切でなければ、影響という言葉が適切かもしれない。

人は誰かに影響されて、人格を形成していく。

これは、しょうがない。

何者からも影響を受けない人間などいない。

 

ゆたぽんは、父親からの強い影響を受けて、ここまで育ってきた。

そして、もしかしたら父親からの強制かもしれないが、YouTuberとして「学校に行かなくてもいい」という主張をしている。

こういう人もいて良い。

 

学校に行くことが全てではない。

全てではないけど、学校に行きたくない理由が特にないのであれば、行った方がいい。

だって、無料だからね。

無料で学校に行けるんだから、行ったほうがいい。

世界には、学校に通いたくても、通えない子どもたちがいっぱいいる。

ゆたぽんみたいな主張をしている人を見ると、日本は本当に豊かな国なんだと思う。

日本は、経済的に豊かになったからこそ、彼みたいな主張が出てくる。

 

ホリエモンは、「学校は刑務所と変わらない」と言っていた。

それは言いすぎだと思う。

頭が良すぎるホリエモンからすれば、学校なんて無意味かもしれない。

ホリエモンぐらい頭が良ければ、自分でネットで検索して、ネットで勉強できるだろうし、コミュニティも作れるだろうから。

でも、そういうこと出来るのは、ごく一部の子どもだと思う。

自分の子どもを見ていると、ipadでやってるのは、ゲームだけ。

学校行かなくなったら、家でゲームしかしないであろう、ことは間違いない。

こういうやつは、学校に行くべきだ^^;

大概の子どもは、そうなんじゃないか。

 

いじめられて、学校が嫌で、しょうがない人は、行かなくてもいい。

本当に嫌だったら、行かなくてもいいけど、学校行くのが楽しいんだったら、行ったほうがいい。

ネットでも交流はできるけど、生身の人間と接することで、いろんな感性が生まれると思うし。

 

一つの主張として、ゆたぽんの行動はアリだ。

たとえ、親に洗脳されていたとしてもアリ。

だって、俺らだって誰かの影響を受けて、なんらかの洗脳されているから。

 

世間がゆたぽんの動画に批判的なのは、ムカつくからなんじゃないの?

俺は、あの動画、ムカついたな。

好印象じゃなかった。

喋り方がムカつくのかな。

小学生のくせして、知ったかぶりの主張しているのがムカつくのかな。

 

もうちょっと彼のバックグラウンドにストーリーがあれば、世間は彼を応援していたかもしれない。

そうだ、それだ!

彼のバックグラウンドに問題があった。

不登校を主張するためのバックグラウンドがあれば、世間のウケは良かっただろう。

「いじめられて、不登校になったけど、がんばってます」

そういうストーリーがあれば、世間は応援するんだろう。

しかし、彼は、いじめられるわけでもない。

不登校というよりは、自由登校。

ただのサボりになっちまうなあ。

個人的には、ただのサボりで良いと思うけど。

 

それにしても、茂木健一郎はよく叩かれるな。

あの人、脳科学の先生なんだから、頭使って、人に好かれるような主張すればいいのにね。

 

非常にまとまりのない記事になってしまったけど、特に学校に行きたくない理由がなければ行くべきというのが、僕の結論です。

 

皆さんは、どう思いますか?

 

 

 

スポンサーリンク

5月15日追記:

バイキングでゆたぼんとお父さんがバイキングスタッフからインタビューを受けていました。

インタビューを見る限り、ゆたぼんは自分の意思をしっかり持っているように見えました。

お父さんも、ネット情報での悪評イメージよりも意外とちゃんとしてる印象を受けました。

まあ、一番意外だったのは、バイキングが中立な立場で報道されていたことです。

ゆたぼんの主張に対して、否定的な立場をとるわけでもなく、かといって肯定的な立場をとっているわけでもなく、出演者全員が建設的な意見で番組が進行されていました。

いつものバイキングよりは、非常に考えさせられる内容で良かったと思います。 

個人的には、もう少し炎上しそうな雰囲気があれば、番組的には面白いと思いましたが、あのMC坂上忍さんまでが実にマトモな意見で穏やかに番組は終了しました。

一つ希望するとすれば、ホリエモンが出演してほしかったなあと思います。

ホリエモンは学校否定派ですから、出演者と意見がバチバチぶつかりあって番組的には多いに盛り上がるでしょう。

 

最後に、ゆたぼんには、この曲を送ります。

スポンサーリンク