マルチ商法で2億円、稼いでいる人のはなし。

ほぼ日記

その昔、某ネットワークビジネスで2億円稼いでいる人と交流していた時期がありました。

今は疎遠にしておりますが、その方から盆や正月になるとLINEや年賀状で連絡があります。

相変わらず、まめだな〜と感心します、良くも悪くも^^;

その人は、某大手ネットワークビジネスに早い段階で加入し、ディストリビューターを多く集めることに成功し、やがて2億円の収入を得ています。

ネットワークビジネスは、マルチレベルマーケティングとも言われますが、呼び方をかっこよくしているだけで、手法としてはネズミ講となんら変わりわありません。

ちなみに、ネットワークビジネスを真剣にやっている人に「ネズミ講と同じでしょ?」と聞くと、延々とその違いについて講釈をたれてきますので、ご注意ください^^;

スポンサーリンク

マルチ商法は違法?

法律的には、ネットワークビジネスは合法で、ネズミ講は違法です。

ネットワークビジネスはなんらかの商品があり、販売手法としてネズミ講と同じシステムを使っています。

ネズミ講は、商品はなしで、会員を増やしお金を回すシステムです。

ネットワークビジネスネズミ講の違いは、商品があるかどうか?

それだけです。

商品を取り扱っていれば合法で、商品を取り扱っていなければ違法なのです。

もっと細かい話はありますが、ネットワークビジネスについて詳しい説明をしたいわけではないので、ここらへんで辞めておきます。

 

その人と知り合ったのは、ビジネスセミナーというか、どちらかと言うと自己啓発系、少しスピリチュアル系のセミナー会場でした。

 

自己啓発とスピリチュアルとマルチ商法は関連性が深い 

ところで、自己啓発とスピリチュアルとネットワークビジネスには多いに関連性があります。

自己啓発自体は、悪くありません。

学ぶべきところがたくさんあります。

ただし、行き過ぎると、宗教にハマったり、スピリチュアル系に突き進んでいってしまいます。

そのへんのバランス感覚がなく、盲目的に信じやすい人は、やめておいた方が良いと思います。

スピリチュアルを否定するわけではありませんが、自己啓発を超えてスピリチュアルにまでなると、もうなんでもアリになってしまいます。

スピリチュアルの世界は根拠がありそうで、実は根拠が希薄な話ばかりです。

ただ好きな人は好きな人たちでコミュニティを形成されているので、それについては自由だと思いますので、否定しません。

スピリチュアルによって、癒やされている人もいますので、それはそれでOKでしょう。

 

スポンサーリンク

マルチ商法で2億円稼いでいる人のトーク

話を戻します。

東京時代、出版社で働いていた僕は、真面目なサラリーマンでしたから、それはそれは片っ端から自己啓発書を読み漁っていました。

デール・カーネギーからオグ・マンディーノから松下幸之助から斎藤一人、書き出したらキリがない^^;

で、本の影響を受けてビジネス的なセミナーに足を運んだりするわけですよ。

まあ、出版社なので、色んな情報は入ってきます。

そういうセミナー会場には、経営者や起業家、めちゃくちゃポジティブでやる気のあるサラリーマンがいっぱいいます。

ネガティブな人は見当たりません。

ネガティブな人はこういう会場に行こうと思いませんからね^^;

それで、こういう会場には、ネットワークビジネスをやっている人もそこそこいるんです。

若い頃の僕は、ネズミ講は知っていたもののネットワークビジネスについてよく分かっていませんでした。

そのセミナー終了後の懇親会で、マルチ商法で2億円稼いでいる人物と知り合いました。

その人物をAさんと呼んでおきましょう。

Aさんは、気さくに僕に声をかけてきました。

 

Aさん

「お若いですね。何の仕事やってるんですか?」

 

「出版社でアルバイトをしています。Aさんは?」

 

Aさん

「いやー、すっかり脱サラしまして、今は好きな時に稼いでいます」

 

そんな感じの会話で、始まって他の懇親会のメンバーも集まってきて、最終的には4人で2次会に行きました。

一人はフリーのデザイナーさん、もうひとりは携帯電話の代理店やってる人でした。

 

2次会での話題は、それぞれの今やってる仕事や、悩み、そして将来について話していました。

Aさんは、司会進行するかのように、上手に話を回していました。

当時は、バブルが弾けた直後だったので、これからの日本は不安だというような展開に。

 

そして、いよいよAさんは本領を発揮してきます。

ここからの勧誘がすごいんです。

さすが、マルチ商法で2億円稼いでる人ですよ。

セールストークが上手い。

 

Aさん「あ、そうそう。これ知ってる?」

 

Aさんは、サプリメントみたいなものを見せてきました。

で飲んでいたビールにそのサプリメントみたいな粉を入れ始めました。

Aさんの説明によると、その粉は体にとても良いもので、水やお酒に入れて飲んでもOKとのこと。

お酒に入れると二日酔いの防止にもなる、とか説明してました。

フリーのデザイナーさんが、その粉入りのビールをゴクリ。

 

Aさん

「どう?ビール飲みやすくなったでしょ?」

 

僕も飲みましたが、たしかに美味しくなったような気はしました。

プラセボ効果なのか、どうなのか、わかりませんが。

 

更に、プレゼントークを続けるAさん。

世界的にも有名な教授が開発したものだとか。

特許を申請している最中だとか。

ただ、まだ世の中に出回ってない。

日本の将来は年金がもらえないから、自分で稼ぐしかないんだ。

不労所得を得たいとは思わないか?

またとないビジネスチャンスだから、一緒にやらないか、と勧誘してきました。

これからは健康を意識する時代がやってくる!←たしかにそういう時代になりました。

この会社には世界の人を健康にするという明確なビジョンがある!

みんな、ほぉーっと感心していました。

 

Aさんの喋り方がこれまたうまいんです。

落ち着いた低いトーンで語りかけてくるので、聞き入ってしまうんです。

けして、強引ではない喋り方なんです。

こういう人が詐欺師としても成功するんだろうなって思います。

あ、ネットワークビジネスは詐欺ではありませんので、あしからず。

 

一緒に聞いていたデザイナーも携帯電話の代理店の人も身を乗り出して聞いています。

初めて会った人に、こんな怪しいものを提案し、その気にさせ、クロージングまで持っていくテクニック、すごいとしか言いようがありませんでした。

2億円、稼いでいる人のスキルというか才能というか・・・。

当時の僕は、やる気になりませんでした。

なぜかといえば、汗をかいて稼いだお金が大切だ、と思っていました。

そのためにセミナーに来ていましたし、不労所得には興味がなかったのです。

今だったら、食いつくかも知れません^^;

ただし、不労所得には興味はあってもマルチ商法には魅力を感じません。

 

Aさんが締めのクロージングの一言を発します。

「今決断できない人は、この先、何をやっても成功できないですよ」

勧誘された二人は、そのビジネスをやることをその場で決めました。

 

Aさんは、そのネットワークビジネスの世界大会がラスベガスで開催される、という話をしてきました。

「海外の大物ディストリビュータと実際に会ってみたほうがいい」

飲み込まれた二人は、ラスベガスのパーティに行ったようです。

でも、結局そのとき誘われた二人は、あまり会員を増やすことができず、数年後にネットワークビジネスを辞めています。

 いくらお金使ったんだろう・・・?

 

マルチ商法はダメ、絶対!

最後に、ハッキリ言います。

マルチ商法は、絶対にやらないほうがいいです。

これだけ、インターネットが普及した世の中で、いまだに口コミで人脈を広げていく手法は古いです。

このご時世、もう騙される人はいないと思うのですが、ニュースを見ていると、まだまだいるんですね・・・。

ネットワークビジネスで扱っている商品自体は、良いものが多いです。

それは、認めます。

ただ、売り方が問題なわけで・・・。

ネットワークビジネスは嫌いだけど、商品(健康食品、シャンプーなど)が欲しいからディストリビュータになっているという人もいます。 

 

最後に一言。

マルチ商法をやっている人が「金持ち父さん、貧乏父さん」を引き合いに出して、どうすれば金持ちになれるかを説明してくる人がいますが、「金持ち父さん、貧乏父さん」は、マルチ商法とは全く関係ない話です。

社会の仕組みを知る上では、分かりやすい本です。

 

 

スポンサーリンク