夕方、妻は怒っていた。

理由は、息子が鼻クソをほじって、食べていたから。

 

なぜ、子どもは鼻クソをほじくって、食べるのだろう?

 

僕には、鼻クソをほじって食べた記憶がない。

食べていたのかもしれない。

今となっては、わからない。

 

妻は息子に言った。

「今日から、1週間ゲーム禁止!」

 

息子は泣いた。

ずっと泣いている。

 

妻は、聞いた。

「なんで、鼻クソを食べるの?」

 

息子は答えた。

「腹が減ったから」

 

妻は呆然としたらしい。

 

僕にとってはどうでもいい。

どうでもいい話だ。

でも、僕なりに考えた。

 

なんで、鼻クソを息子が食べたのか?

妻に、僕の見解を妻に説明した。

もしかしたら、子供のころの鼻クソはうまいのかもしれない。

鼻クソは美味いという味覚があるのかもしれない。

妻は納得していなかった。

 

僕は、さらに考えた。

鼻クソはそんなに汚いものか?

汚いとしたら、どれぐらい汚いものか?

 

僕は結論を出した。

鼻クソは3番めに汚いものであるということを。

 

妻に問うた。

うんこよりもおしっこをかけられたほうがマシじゃないか?

おしっこよりも鼻クソをつけられたほうがマシじゃないか?

妻は、グーの音も出ない。

 

汚い順番は、

  1. うんこ
  2. おしっこ
  3. 鼻クソ

妻は、鼻クソは3番目に汚いものであることを認識してくれた。

納得はしてないようだ。

 

人間は自分の体内にあるときは、うんこもおしっこも鼻クソも汚いとは思わない。

しかし、自分の体から出てしまった瞬間、それは汚いものに変わる。

これは、不思議。

どの瞬間から、自分の一部が汚いものに変わってしまうんだろう?

 

そんなことを、森山直太朗の歌から学んだ夜だった。

 


うんこ ‐ 森山直太朗

スポンサーリンク
おすすめの記事