健康法は人それぞれだ。

一日三食が当たり前という人もいるし、一日一食が良い、という人もいる。

筋トレしたほうが良いという人もいるし、ヨガのほうが良いという人もいる。

職業によっても違うし、一日の活動量によっても違う。

こればかりは、自分自身の体で実験するしかない。

 

筆者は、一日二食が基本である。

朝食は食べない。

昼に発芽玄米に納豆、味噌汁。

夜は基本、炭水化物以外の食事とアルコール。

夕食では、野菜を先に食べる。

フルーツはほとんど摂らない。

 

できれば、酒をやめたい。

昨年、1ヶ月ほど酒をやめたら頭がスッキリした。

このアルコールひとつとっても、医者によって考え方が違う。

医者でも、アルコールは体に良いと主張する人もいる。

気分転換に良いことと、筋肉が緩むから良いらしい。

一方、反対派の医者は脳細胞がやられる、と言う。

どちらの主張も正しい、と筆者は思う。

選択するのは自分。

自らにあった選択をすれば良い。

 

今回のお題であるヨーグルトや他の乳製品だってそうだ。

乳製品は体に悪い、牛乳は本来人間が飲むべきものではない、という人たちもいる。

腸に良いという人もいれば、悪いという人もいる。

どちらの主張を信じるのか?

 

今回のお題である「私の生活習慣」に答えるのであれば、筆者はデスクワークが主体であまり動いていない。

だから、歩いていない。

これを解消していかねばならない、と思っている。

 

血圧と血糖値は気にしたことないが、中性脂肪は気になる。

おなかまわりは、気になる。

それは、このトリプルヨーグルトを食べたからといって解消されるものではない。

摂取カロリーを減らすか、運動するか。

ヨーグルトは、なんとなく健康になれる気がするから、食べたほうがいい。

重要なのは、「良いような気がする」ということ。

本人のその感覚が大切だ。

自己暗示、もしくはプラシーボ効果でいいのである。

この記事を書いていたら、ヨーグルトを飲みたくなってきた。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事