Google Search Consoleって面白いですね!

初めて使いました。

先日、プチGoogle砲にあった私のこちらの記事なんですが、

グーグルサーチコンソールを使ってみると、ユーザーがどんなキーワードで検索してこのページにたどり着いたのかが分かるようです。

上記の記事にたどり着いたキーワードは以下のとおりでした。

※なお、グーグルサーチコンソールは昨日から設置しているため、アクセス件数はプチグーグル砲をいただいた時よりも激減しています。

f:id:sakigakenews:20190501160456p:plain

ご覧のとおりです。

どうやら、「メルペイ」「タバコ」で検索してたどり着いたユーザーがほとんどのようです。

私はてっきり、「メルペイ」「セブンイレブン」だと思っていました。

この結果から分かることは、タバコを吸うユーザーが「メルペイを使えばタバコを安く買えるのか?」という疑問を思って私のページを見に来たということです。

これは、以外でした。

なぜかと言えば、私としては、あくまでも「セブンイレブンでメルペイを使えば、70%還元できるからお得です」という情報を提供しているつもりだったからです。

タバコって通常、安売りできません。

ペイペイを使えば20%還元されます、今回のメルペイはセブンイレブンで70%還元です。

LINE Payはタバコとお酒が、たしか駄目だったはず。

私もタバコを吸うので、お得なことは当然知っていました。

つまり、今回の結果から分かるのは、それを知りたいユーザーがたくさんいるということです。

そして、そういうタバコユーザーに向けた記事が少なかったんでしょう。

だから、私の記事までGoogle検索で来てくれたということになります。

 

記事を書く前に分かっていたなら、タイトルを次のように変えたでしょう。

「メルペイなら70%OFFでタバコが買える!」

そして、タバコユーザー向けの記事にして書けばもっとアクセスが集まったでしょう。

はあー、勉強になりました。

これは誰にとって得なのか?という部分をもっと深く考えて、何を主体とした記事を書くのかがSEO的に大切なんだなと思いました。

 

僕は単純にメルペイ使えば誰でもお得だよ!ってすごい広いユーザーに伝えてしまっていました。

たしかに、誰にでもオトクなんですが、誰が一番トクなんだろうってことを考えるべきだったんです。

 

検索結果を見れば答えが分かるって面白いですね。

グーグルアナリティクスのように検索流入が分かるのも面白いですが、どんなワードで検索されているのか、を知ることも面白いですね。

 

こちらの本はKindleUnlimitedで0円でした。

よかったら、読んでみてください(^^)

 

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える 基本と実践 できる100の新法則シリーズ

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える 基本と実践 できる100の新法則シリーズ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事